霊魔の街 

霊魔の街ストーリー
主人公・榊里桜は、忽然と姿を消した姉を探すために新潟のある街を訪れた。姉が残した謎のメッセージは「霊魔の街」「闇を祓う鬼を探せ」そして、13の住所。その住所では必ず「霊魔」による残虐な事件が起きていた。霧深い森では連続殺人鬼が新たな獲物を毒牙にかけようとしていた。 その時、ひとりの男が現れ、霊魔を斬る。鬼崎陣。彼こそ、里桜が探す「闇を祓う鬼」なのか…
(wikipediaより)

≫続きを見る