放送中ドラマ

流星ワゴン

流星ワゴンあらすじ
リストラを宣告された永田一雄は、家を出て離婚届けを送りつけてきた妻・美代子、家庭内暴力をふるう息子に耐え切れず、末期がんで死の床に伏した父・忠雄とも向き合えないまま、駅前のベンチで思い悩んでいた。するとそこに、1台のワゴンカーが現れる。車には5年前に死んだはずの橋本義明とその息子・健太が乗っており、2人と共に、一雄が妻や息子とうまくいかなくなった“人生の分岐点”を巡ることになる。過去では、なぜか父・忠雄が自身と同じ年齢の姿で現れ、あれこれと口をはさんでくる。そんな忠雄に振り回されながらも、一雄にはこれまで気付かなかったことが見えてくる。
(wikipediaより)

≫ 流星ワゴン を視聴する