この声をきみに

この声をきみにストーリー
偏屈でさえない大学の数学講師・穂波孝は話すことが苦手で、妻・奈緒も愛想をつかして子供を連れ家を出て行く。学部長から命じられて「話し方教室」を訪れるものの、講師の江崎京子と「こんな偉そうな女に教われるか」「つまらない男」などと互いに言い争いとなり、険悪な雰囲気で教室を去る。後日、孝は町はずれにある小さな朗読教室で京子と再会することとなる。
(wikipediaより)

≫続きを見る