眩~北斎の娘~

眩~北斎の娘~ストーリー
江戸の天才絵師・葛飾北斎の三女として生まれたお栄(後の葛飾応為)は、町絵師である吉之助と夫婦になったものの、箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり、師である北斎の元に嫁ぎ先から戻ってきた。そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった―。
そんな中、お栄は北斎の弟子筋の絵師・善次郎(後の渓斎英泉)にだけは、苦しみや悩みを話すことができた。それは思うに任せない、「出戻りお栄」の密かな恋心であった。
生まれながらにして北斎という大きな背中を見てきたお栄は、父・北斎を手伝う中で、「色」というものに執着を始める。そして北斎の代表作である「富嶽三十六景」が完成した時にも、そばにはお栄がいた。父が高齢となり、思うがままに筆を動かせなくなってからも、お栄は父の「筆」として北斎の絵を描き続ける。やがて時は過ぎ、心の中で常によりどころであった善次郎そして、北斎もこの世を去る。60歳を過ぎたお栄の手に残ったのはやはり絵筆であった――。
(wikipediaより)


NHK総合 9/18(月) 19:30~
【Pandora1/1】
【Pandora1/1】
【MioMio1/1】
ドラマランキング
眩~北斎の娘~キャスト
お栄:宮崎あおい
善次郎:松田龍平
葛飾北斎:長塚京三

眩~北斎の娘~ Youtube(ユーチューブ)視聴
ここは 眩~北斎の娘~ ドラマ無料動画の視聴ページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。